BONA/購入

よく聞かれませんか。犬に服って必要なの?

今日は何着る?わんちゃんのおしゃれは自己満足!?

「犬に服を着せるなんて完全に自己満足だろ」って言われたことありませんか?

そうなのか?自己満足なのか?犬に服って本当に必要ないの?

結論から言うと、”必要なわんちゃんには必要”です。

必要というのは犬種固有の特性があり服を着ないと病気になりやすい犬種には着せた方がいいかなぁということです。

例えば極端に背の低いミニチュアダックスフンドは、アクティブに動くと地面にお腹をあててしまいます。そこで、擦れたところがかぶれたり虫にさされたりしないように服を着せる飼い主が多いようです。

じゃあ、他のほとんどの犬種はどうなの?

はっきり申し上げます。着なくても大丈夫です!

だからと言って着ない方がいいというわけではありません。

寒さに強い犬もいれば弱い犬もいます。震えているなら温かくしてあげたいし、お気に入りの服を着ている時、誰かに「かわいい服ね」って言われたら犬も人もうれしくなると思います。最近では抜け毛などのエチケット対策で犬に服を着せる飼い主も多いようですね。

ただし服を着ることを嫌がるわんちゃんもいますので、ゆっくり時間をかけて慣れさせましょう。

犬服のメリット・デメリット

犬服のメリット

  • エチケットとしての毛抜け防止。
  • 汚れ防止。
  • 手術後や皮膚病のときの傷舐め防止。
  • 寒さ暑さに弱い犬を守る。

犬服のデメリット

  • 無理やり着せるとストレスになる。
  • ボタンなど誤飲の危険性がある。
  • 脇やお腹が毛玉になりやすい。

服を着せたほうがよい犬種

必ずというわけではありませんが背が低く、足が短い犬種。ダックス系がそれにあたります。その中でもよく動くわんちゃんはお腹を擦りやすいので服などで工夫した方がよい場合があります。

代表的な寒がりの犬種

あくまで基本寒がりな犬種です。個体差は飼い主が見極めましょう。

  • パピヨン
  • チワワ
  • プードル
  • ヨークシャーテリア
  • マルチーズ
  • その他シングルコートと呼ばれる犬種。

犬の服ですが、最終的には飼い主の判断です。犬が嫌がることを強制しないこと。個体差や病気の場合でも、どうしても服を嫌がるなら別の方法を考えるなど家族の愛情をもって愛犬に接するのが一番ですね。

ちなみに我が家のトイプーは服が大好きです。

わんちゃん情報お待ちしてます。