犬の食材/アイキャッチ野菜

犬が食べてもOK!愛犬が喜ぶ食材リスト【野菜編】

生野菜にはわんちゃんの疲労回復にはもってこいの酵素がたっぷりです。

ただし、犬の消化器官は野菜を消化しづらい為、与えるときは細くカットするとかペーストにするとかの工夫が必要です。また、鮮度も重要になるので、通常は加熱調理が中心となります。保存方法にも気を配りましょう。

食材リスト


アスパラガス

アスパラガス

効果:

β-カロテンをはじめとするビタミン、ミネラルが豊富。滋養強壮や体力回復、また毛細血管を丈夫にし、動脈硬化や高血圧予防に。発がん抑制、糖尿病予防にも。

調理:

みじん切りで加熱。生での保存は不向き。硬めにゆでて、保存袋に入れて冷凍保存。

いんげん

いんげん

効果:

炭水化物とタンパク質が主な成分。種皮には食物繊維も豊富。便秘、下痢解消、大腸癌の予防、動脈硬化の予防などに。解毒作用によって肝機能の向上にも。

調理:

みじん切りにして加熱。

かぶ

かぶ

効果:

根のほとんどは水分。根よりも葉の方が栄養は多い。特にカルシウムはほうれん草の5倍。胃酸過多、消化不良、便秘の解消、貧血、動脈硬化、がん予防にも。

調理:

根は生で食べる時は皮のまますりおろす。大根よりもお腹を冷やさない。葉は生でも加熱でもOK。みじん切りに。

かぼちゃ

かぼちゃ

効果:

βーカロテン、ビタミンCを多く含む。血行を促進、皮膚や粘膜を丈夫にする。食物繊維も豊富。便秘解消、強肝作用、解毒力応援、がん予防。糖尿病予備軍にも。

調理:

小さく切って加熱。種とワタは腐りやすいので取り除いてからラップに包んで冷蔵庫へ。

キャベツ

キャベツ

効果:

キャベツの独自有効成分ビタミンU(キャベジン)は、胃腸の粘膜の新陳代謝を活発化し、胃腸系のトラブルを解消。便秘解消、血栓、がん予防にも。

調理:

生キャベツはみじん切りに。千切りにして加熱もOK。過食した場合の甲状腺トラブル予防には海藻類を一緒に食べせて。

きゅうり

きゅうり

効果:

90%以上が水分。膀胱炎、毛細血管の強化、動脈硬化の予防に。また、尿と一緒に老廃物やナトリウム(塩分)を排出し、腎臓のろ過機能を補助。

調理:

みじん切り、すりおろし、あるいは食感を楽しませるためにスティック状にしてもOK。食べさせすぎはお腹を冷やす。

ゴーヤ

ゴーヤ

効果:

栄養満点のゴーヤ、ビタミンCはトマトの5倍。ゴーヤのビタミンは加熱しても壊れにくい。糖尿病、がん予防、免疫力応援。

調理:

みじん切りにして水にさらすと苦味が少なくなる。ゴーヤに含まれるβ-カロテンは油で炒めると吸収率が上がる。

スプラウト類

スプラウト類

効果:

スプラウト野菜とは発芽して3日くらいの新芽のこと。「天然のサプリメント」と呼ばれるほどビタミン、ミネラルが豊富。抗酸化作用、有害物質の解毒促進、心臓病予防。

調理:

みじん切りにして生で。ブロッコリースプラウトは体に元々ある解毒メカニズムが活性化し、がん予防効果が高いと実証。

トマト

トマト

効果:

トマトの赤い色素「リコピン」の抗酸化能力はビタミンEの100倍。がん、動脈硬化、高血圧予防、食欲増進、解毒、血液浄化、皮脂消化の促進に役立つとされる。

調理:

生のままみじん切りで。お腹の弱いコは加熱を。リコピンの吸収率も上がる。

にんじん

人参

効果:

β-カロテンが豊富。抗酸化作用。動脈硬化、心臓病予防、高血圧の改善が期待できる。食物繊維たっぷり。体を温め胃腸機能を高める。増血作用も。

調理:

油を使って加熱するとカロテンの吸収率が高まる。生は他の食材のビタミンCを壊すこともあり。生使用の際は酢やレモン汁を追加。

にんにく

にんにく

効果:

抗菌、消炎、殺菌、抗原虫作用が期待できる。コレステロール、動脈硬化予防作用で心臓トラブルにも。免疫力を上げ、がん予防や虫除け効果も期待できる。

調理:

細かくみじん切りにするか、すりおろして生でもOK。与えるときはごく少量から。

ブロッコリー

ブロッコリー

効果:

発がん物質の解毒酵素を活性化する成分(スルフォラファン)が含まれている。免疫力を高め、糖尿病の予防。活性酸素を解毒。血液サラサラ効果で心臓病予防にも。

調理:

茎の方が栄養豊富。食物繊維もたっぷりあるので茎も与える。ビタミンCは加熱に弱いので、お湯でさっと湯がく程度に。みじん切り。

モロヘイヤ

モロヘイヤ

効果:

100g中に含まれる。ビタミンA・B、カリウム、カルシウムや鉄分の含有量は野菜トップクラス。食物繊維、β-カロテンなども豊富。便秘、動脈効果、がん予防に。

調理:

ごまや鶏肉と合わせると、より高い健康効果が望める場合が多い。みじん切りにしてさっと加熱。

小松菜

小松菜

効果:

β-カロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウム、鉄分豊富。がん、貧血予防、ストレス解消。あくが少ない緑黄色野菜。肝臓の熱冷まし効果も。

調理:

鮮度が悪くなると高い栄養成分が消えてしまう。購入したらその日のうちに使いきるか、ゆでて冷凍する。生か加熱。細かくみじん切り。

大根

大根

効果:

消化酵素がたっぷり。有害物質の除去、発がん性物質の抑制。血栓予防や解毒作用も。胃腸病、食欲不振、冷え性、せきを鎮める効果も。腎臓応援。

調理:

根は頭の部分が甘い。皮ごとすりおろして生で。りんごのすりおろしと一緒だと食べやすい。ただし、酸化しやすいので、食べる直前にすりおろす。

大根の葉

大根の葉

効果:

抗酸化作用の強いβ-カロテンが豊富。カルシウム、鉄分などミネラルも豊富。根より豊富なビタミン A・Cや葉緑素も含まれている。体力や抵抗力アップに期待。

調理:

みじん切りにして生で。油で炒めてもOK。

白菜

白菜

効果:

繊維質たっぷり。繊維はやわらかくくせが少ない。いきなり食べても犬のお腹に負担は少ない。ビタミンCがたっぷり。がん予防、また便秘予防の対策にも。

調理:

お腹を温めてくれる食材なのでお腹の弱いわんこにも安心。生のまま食べれば酸素も水分もビタミンCも補給できる。

※食べ物は薬とは異なり必ず効果がでるとは限りません。犬の個体差もあります。明らかにトラブルが現れた場合は、その食材を与えるのを中止しましょう。また、同じ食材ばかりを与え続けず、いろんな食材をまんべんなく食べさせるのがポイントです。

出典:トッピングごはん基礎BOOK

その他の犬の食材ページ


わんちゃん情報お待ちしてます。